Minisymposium (MS) proposal has been accepted for WCCM XV-APCOM 2022 (July 31st – August 5th, 2022, https://www.wccm2022.org/).
MS is “Computational Biomechanics and Biomimetics of Flapping Flight” organized by D. Ishihara, H. Liu, and S. Yoshimura.

国際会議WCCM XV – APCOM 2022 (2022年7月31日-8月5日,https://www.wccm2022.org/) で,ミニシンポジウム「Computational Biomechanics and Biomimetics of Flapping Flight」(D. Ishihara, H. Liu, S. Yoshimura)が採択されました.
WCCMは世界各国から数千人の計算力学研究者が参加する大型国際会議です.

博士後期課程2年の大西南斗さんが,日本学術振興会特別研究員制度学内説明会で,「先輩からのアドバイス」の講演を行いました.

https://www.kyutech.ac.jp/whats-new/topics/entry-8199.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter#prettyPhoto

Mr. Shankar Vinay, PhD course student, was awarded T. Banaji Indian Students Scholarship. This scholarship is available for a few Indian international students all over Japan, and is honorable.

博士後期課程のShankar Vinayさんが令和3年度 T.バナージインド留学生奨学金を授与されました.本奨学金は,全国のインド人留学生のうち3名のみに授与されるもので,非常に狭き門といえます.

 

吉村石原研合同研究会プログラム

1.日時:2020年11月11日(水)13:30~16:30
2.場所:オンライン(zoom)
3.プログラム
(1) 13:30-13:35 研究会開会挨拶、本日の目的など
東京大学大学院工学系研究科 教授 吉村忍
(2) 13:35-13:40 挨拶、研究室の紹介など
九州工業大学大学院情報工学府 准教授 石原大輔
(3)13:40-13:50 「火星環境下における羽ばたき飛行の流体構造連成解析と最適設計」
東京大学 吉村藤井研究室 M2 川上幸亮
13:50-14:00 質疑応答
(4) 14:00-14:10 「Improved design of polymer micromachined transmission for flapping wing nano air vehicle」
九州工業大学大学院 石原研究室 D2 Rashmikant
14:10-14:20 質疑応答
(5) 14:20-14:30 「分離型解析手法を用いた昆虫飛行操縦性の流体構造連成解析」
九州工業大学大学院 石原研究室 D1 大西南斗
14:30-14:40 質疑応答
(6) 14:40-14:50 「流体励起リミットサイクル振動を利用したエナジーハーベストの数値解析」
東京大学 吉村藤井研究室 D3 金子栄樹
14:50-15:00 質疑応答
(7) 15:00-15:10 「Hierarchical modeling and finite element analysis of piezoelectric energy harvesting from fluid-structure-piezoelectric-circuit interaction」
九州工業大学大学院 石原研究室 JSPS外国人特別研究員
Prakasha Chigahalli Ramegowda
15:10-15:20 質疑応答
(8) 15:20-15:30 講評、その他       石原大輔
(9) 15:30-15:40 講評、閉会あいさつ    吉村忍

以上

Mr. Minato Onishi, PhD course student, is selected as a JSPS Research Fellowship for Young Scientists of FY2021-2023.

JSPS provides Research Fellowship for Young Scientists program for young researchers who have an opportunity to focus on a freely chosen research topic based on their own innovative ideas. The program is intended to foster and secure excellent researchers.

This time, Mr. Minato Onishi (host researcher: Daisuke Ishihara, Associate Professor) has been awarded a Research Fellowship for Young Scientists. The recruitment phase in this program has a very narrow selection process with selection ration 20% .

博士後期課程1年の大西南斗さんが日本学術振興会 特別研究員(DC2)に採用されました.

特別研究員制度は,国内の若手研究者に対し,自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与え,研究者の養成・確保を図る制度です.

今回,大西南斗さん(受入研究者:石原大輔准教授)が令和3年度特別研究員制度(DC2)に採用されることとなりました。この特別研究員は,採用率が約20%と大変狭き門であり,今後の活躍が期待されます.

Mr. Minato Onishi, PhD course student, awarded as Hasegawa Foundation Scholarship.

博士後期課程の大西南斗さんが公益財団法人長谷川財団の奨学金を授与されました.

PAGE TOP